金物と工具の店シマコーポレーション

社員紹介 Frequently Asked Questions

社員紹介INDEX

松岡真澄

松岡真澄 MASUMI MATSUOKA 2014年入社

未経験者でも手取り足取り教えてくれる

大学卒業後、運送業を経て中途でシマコーポレーションに入社しました。きっかけは、就職を斡旋する会社に登録に行った際、偶然社長と常務に出会い、話を聞くうちに興味を持ったからです。シマコーポレーションは、プロ工具専門店と掲げていますが、中で働く人間に求められているのは専門知識を持った人材ではありません。業界についての知識がない自分のような未経験者でも、周りの先輩たちが手取り足取り教えてくれます。入社してまず感じたことは、ストレスなく働ける職場だということ。学生時代のアルバイトや前職で人間関係におけるストレスを感じることが多かったので、入社前は最もその点を危惧していたんです。だけど働いてみたら、先輩たちは自分の考えを押し付けるようなこともせず、いつも成長を温かく見守ってくれています。こちらが疑問に思ったことに対して質問すれば手厚く教えてくれて、全員が親身になって接してくれる。それがシマコーポレーションです。

担当を任されてからの方がより楽しいですね
担当を任されてからの方がより
楽しいですね

現在は、接客から商品の仕入れまで、小売に関わるすべての業務に携わっています。入社して約3年になりますが、この3年間で特に仕事が面白いと思うようになったのは、仕入れ担当を持たせてもらってからでしょうか。仕入れ担当=自分で自分の売り場を持つということですが、最初は上司が商品を登録して、それに対してそれぞれの担当が店頭に置くか置かないかという選択を行う。同じ商品でも、店舗によって売れる物と売れない物があるので、自分が売れそうだと思ったら置けばいいですし、いらないと思ったら発注しなければいい。自分の判断で売り場を作れるので、そういう意味では担当を任されてからの方がより楽しいですね。

どんな状況でも商品を欠品させないことが大切

仕入れ業務において重きを置いていることは、どんな状況でも商品を欠品させないこと。せっかくお客様に足を運んでいただいても、商品がなければ成り立ちません。ですからそこは常に気を配り、お客様のニーズや現場の状況、入荷までの日数などを加味した上で発注業務を行っています。センスが物を言う仕事ですが、読みが当たった時はやっぱり気持ちがいいですね。稀に発注しすぎてしまったと思うようなこともありますが、それに対して上からどうこう言われるようなことはないので、萎縮することなく意欲的に仕事に取り組めています。また、責任ある仕事を任されるようになっても、残業や出勤日数が増えるようなことはありません。残業に関してはシフトに組み込まれているので、特に残業しているという意識もなく、常に時間内に業務を終えられるのもいいところです。今後はもっと商品に関する知識をつけて、どのメーカーを担当しても欠品させることなく、多くのお客様に快適だと思われる店づくりをしていきたいですね。